2007年12月02日

無事に終了

CAOZK1K8.jpgお陰様で、昨日、トランペットのデビュー戦が終了。
ホルンでもトランペットでも自分の仕事をするという基本スタンスは変わらない。だからどうって事でもないけど、本番が一番うまく行きとても楽しい演奏会だった。
それにしてもベト8とジュピターという古典重量級交響曲を2曲もよくやったものだ。曲そのものがとても素晴らしいが、どちらもとても難しいけど、とても楽しかった。

そして小さい練習所では味わえない、自分の音が直接的にホールの奥まで届く感覚は、ホルンでは味わえない。
シカゴのハーセスはどこのホールでも練習には最初に行き、誰もいないホールの一番奥まで届く音と、ホールが鳴るポイントを見つけて、演奏していたという。
そんなハーセスのスタンスが、自分でラッパをホールで吹いてよく判った。


当分、ホルンとトランペットの二刀流は止められないな。

改めてこういう機会を作ってくれた全ての人に感謝したい。
posted by CZ-Pivo at 19:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。