2007年12月03日

次はホルン

無事に本番が終わったのもつかの間、次はホルンである。
ドヴォ8じゃ。
次の日曜から本格的に練習が始まる。
これが終わるまでの間は、一応ホルン中心であるが、ラッパの練習も重なってくるので、両方ちゃんと練習しなければならない。好きで選んだ事だから、関係ないけど、我ならアフォである。

最近、自分の音楽が変わってきたと思う。
まぁ学生の時のような尖っていないから、人間性の変容と共に変化していっただけのことであろう。
そこに至るには、様々な音楽家との出会いなど・・・・
特にチェコフィルの連中から受けたものはとても大きい。何がということでもないけど、音楽への熱い思いと、それを表現しようと言う強い思いに尽きるのかな。
ティルシャルさんは、あの暖かい人柄そのものという音だと思う。
もちろんケイマルさんもそうね。

これらは、己の内から滲み出てくるもの、即ち人間性だと思う。年齢を重ねた音楽家の深い表現力というのは、そういう物だ。
自分の音楽への強い自信、表現への強いゆるぎない信念。
音楽は、自己表現の一つの手段である。それも外向きのエネルギーである。
決して密教のように内に篭り修行するものではない。
音楽修行は、生きているその全てである。
その人の人生観、生き方の全てがその音に出てくると思う。

なんてことを考えるのは、家の中だけにして、演奏するときは純粋に楽しむ事にしている。しかし楽しむためにはやはり、1人でしっかり練習しないと楽しくないのだよね。
とても難しく深い世界だ。
posted by CZ-Pivo at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。