2008年02月05日

指揮者

この日曜の練習で約10年ぶりに指揮をした。

最後にちゃんとオケを指揮したのは、大学4年の卒業式。
当時学生指揮者が居たのだが、練習を休んでしまい、その場にいた俺が急遽指揮して、そのまま本番をやったのである。
まぁ去年、オケの分奏で少し指揮はしたけどね・・・
ちゃんとしたオケということで。

さてドヴォ8の練習にホルンを抱えて、雪の中出発した。
さて電車に乗って間もなくして、指揮者から電話があり
「風邪を引いてどうしても行く事ができない。君以外に頼めないから今日の練習の指揮をしてくれないか?」
と言わた。
断る理由は無い。
曲は良く知っているはずのドヴォ8だしね。

ある時までは、指揮するのって楽しかった。
だって勝手に振っていれば良いのだと思っていたから。
その後、そうでないと気が付いたときから絶対にやりたくないと思っていた。オケで楽器を演奏するよりも大変な仕事だ。
スコアのすべてを把握し、集団をコントロールし、思う方向へもって行かなければならない。
そのためには指揮のテクニックは言うまでも無く、的確なリズム感、テンポ感などなど・・・
簡単に言えば「難しい」の一言に尽きる。

しかし久しぶりにやっちまった。
でもいろんな指揮者を見てきて、盗んだり感じてきた事がいろいろとあるので、それまでよりはちゃんと振ることができたのでは?と勝手に思っている。
それでも大変な仕事であることには間違いない。
目が悪い俺には、細かいスコアを見ながら指揮するもの楽では無い。
高校のブラスで指揮をしていたころは、必ずスコアはB4かA3に拡大コピーしていた。でないと指揮台に立つと見えない。

そんなこんなで久しぶりの指揮であったが、少し思うように振れると楽しいね。それに大好きなドヴォルジャーク先生の曲だから、楽しいに決まっている。
もう2度とやらないと決めていたけど、そこまでかたくなになる必要もないと最近は思っていた。
そんな機会があったのは、良かったな。
今も懲りずにスコアの勉強は欠かさないしね。
posted by CZ-Pivo at 23:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。