2008年02月12日

ショスタコーヴィチ交響曲第4番

rostropovichshostakoLSO4.jpgショスタコーヴィチ交響曲第4番は、ショスタコの15曲ある交響曲の中で異質なものだと思う。
もっとも2&3番という政治色満点の曲は別だけど・・・

1935年に初演のリハーサルが中止になり、その後初演は1961年まで待たなければならなかった。ショスタコーヴィチの交響曲の初演は、ムラヴィンスキー指揮レニングラードフィルというある種のお約束が破られコンドラシンがモスクワで初演。

そんなことはさておき、個人的には、とても面白い曲だと思っていた。挑戦的な金管の使い方、スコア2ページまるまる105小節16音符で埋め尽くされプレストで引きまくる弦楽器。

なんていうことは知っているつもりだった。

ロストロポーヴィチ指揮ロンドン響の録音を聞くまでは・・・

ぶっとんだ。

この曲を知っているつもりだけだった。

激しすぎる情念。

凄まじい金管。

もちろんモーリス・マーフィーなんだろう。

こんな曲だったっけ?

う〜ん。悩ましい。

ロストロポーヴィチがこういう演奏ができるのは同時代のソ連を生きていたからなのだろう。
posted by CZ-Pivo at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

追悼:ラリー・エーラム

Ten of The Bestのメンバーであり、ハンブルグ国立歌劇場のソロトランペットであるラリー・エーラム氏が1月30日に交通事故で亡くなりました。
陽気なアメリカ人ですが、長くハンブルグオペラのソロトランペットとして活躍。オケ以外にもミュージカル、映画音楽などでもその才能を発揮してきました。
60歳を過ぎても、変わらぬパワーで吹きまくっていました。昨年のツアーでも存分に吹いてくれていただけに、交通事故での突然の死には驚かざるを得ません。
詳しくは↓をご覧下さい。

http://www.trumpetguild.org/news/08/0815elam.html
posted by CZ-Pivo at 22:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。