2008年02月25日

チェコ・ネタ

このところクソ忙しい→眼精疲労→肩凝り→体調不良
などという悪循環を理由に更新を怠っていた訳ではないが、お久しぶりです。

さてインバルがチェコフィルに就任することはすでに書いた。
この2月18日に正式に契約締結。その記者会見の抜粋がチェコのネット新聞にあった。
都響とかけもちであることを指摘されて「2010年からはチェコフィルに専念」するとのこと。
ってことはこの4月から都響に就任するも当初契約である2年で辞めることを就任前から明らかにしているということである。
まぁ仕事なんてそんな世界だよね。
それにチェコフィルから先にオファーがあったら、都響は受けてなかったと思う。
そしてマーラー交響曲全曲録音計画があり、2009年に没50年を迎えるマルチヌーだけでなくチェコ音楽を広範囲に取り上げると言う。

さてチェコフィルとまずは3年契約であるが、この先どこまでやるのかとか、長持ちするのかなどとても気になるところである。

お試しで買ったフランクフルト放送響との「我が祖国」。ターボルでラッパが思いっきり1小節早く炸裂しているのにそのままかよ!って突っ込みよりも、こんなにサクサクしている「我が祖国」は?と突っ込みたい。

インバルって悪く無いけど、どうしても野放図で緻密なアンサンブルを聴くという指揮者ではないよね。
良く言うと「全体を掴んだ流れの良い音楽」なんだけど、悪く言うと「大雑把」。良し悪しがその時々で分かれる。

さて2月は小林研一郎が2回のチェコフィル定期に登場。
「新世界」でケイマルさんが1番トランペットで登場。
前半がブラ4とまぁコテコテで特盛りなプログラムである。
ブラ4もケイマルさんが吹いていたそうだが、久しぶりの1番ラッパで張り切りすぎてケイマル節炸裂で、さすがのコバケンも困り「僕がチェコフィルを振るのは今回で最後だからいろいろな奏者とやりたい」と言ってケイマルさんを下ろしたそうな。
もう来ないなんてそんな寂しい事を言うな!と言っていたそうだが、敬愛するコバケンのお願いには逆らえなかった。

こちらはオクタヴィアが録音していたので、そのうち発売されることでしょう。

「音、汚かったよ」と現地で聞いていた友達談。
「でもチェコフィルが理性を捨てて本気になるのだから、やっぱり凄い」
ごもっとも。

でも何やっても美しいノイマンって本当に凄い指揮者だったよね。
なんであんな美しい音が出せるのか判らん。
僕の理想はやっぱり1970〜80年代のチェコフィル。
ありゃ凄すぎる。

プラハ放送響のマーラー4番のCDがあったので高かったけど買ってみた。
チェコに行ったところで最近は、欲しいCDが必ず手に入る訳でも無いから・・・
予想以上に美しい演奏だった。
セツキーさんのホルンがとても素敵。ラッパも(ズヴォラーネクかな?)も素晴らしい。
初めてプラハに行ったときに、プラハ放送響で聞いたのがマラ4。とても素晴らしい演奏に驚いた。
日本公演では必ずしも彼らのベストパフォーマンスが聞けないのが残念でならない。でもプラハで聞くこのオケは、とても凄い音がするのである。
でも今年は「我が祖国」を持ってくるので楽しみだが、東京ではやらないのでまたも、名古屋または大阪に行って聞くことになるのだろう。
posted by CZ-Pivo at 21:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。