2008年04月23日

気が早い年末年始の予定

今から予定を考える俺。
去年の反省を生かしつつ・・・・現地でオペラやらの当日券を狙うのは、通常シーズンなら問題ないけど、やはり年末年始は人が集まるから無理。
ならば今から動く。

何に行きたいのかと。
12月28日にウィーン国立歌劇場がウェルザー=メストで「神々の黄昏」をやるからこれはほぼ決定。
29&30日はブルノの予定を調査中。久しぶりににブルノに行きたい。
ブルノの地ビール:スタロー・ブルノビールが飲みたい。
大晦日はチェコフィルのジルベスターは行かねばならんね。
1月1日は国民劇場でスメタナ「リブシェ」も見なければならない。
と思ったら、裏番組にコウト指揮プラハ響で「新世界」やらもある。今年はどちらも休演だったのに何故に両方あるのか・・・全く困ったものだ。

1月2日はサディーレクさんが活躍するであろう国立歌劇場が「白鳥の湖」をやる。これは見たい。
1月3&4日は国民劇場はお徳用の「くるみ割り人形」を1日2回上演。
年が明けたのだからクリスマス気分は捨てて「売られた花嫁」でもやらんかねと思うけど・・・ヨーロッパは年が明けてもクリスマスだからしゃあない。
そして1月4日は国立歌劇場が「さまよえるオランダ人」をやる。
これも見たい。
最初と最後にワーグナーを見るという正月休みっぽくない明けと締めになるのも一興かと。
おまえワグネリアンだったか?と聞かれると
「いやぁぁぁ〜〜〜」
とすっとぼけるしかない。
どす黒いワーグナーは好きだけど、薄味は嫌いですが何か?

久しぶりのウィーンのあの店でシュニツェル食べながらビール飲みたいとか、ブルノのヤナーチェク劇場1階にあるビアレストランに行きたいとか、そんなことばかり考えている。
ヤナーチェク劇場なんて、オペラの終演後に入ると我々観客より先にオケのメンバーが飲んでいるからね。
そして気が付くとカウンターはオケの連中に占拠されている。面白過ぎである。
そんなことを考えるとやっぱりブルノに行きたい。

そういや今度はケイマルさんは暇しているのか?
今度こそ遊んでくれないとつまらない。
posted by CZ-Pivo at 22:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。