2008年07月29日

B級チェコ音楽

ancerlgold28.jpgアンチェルのゴールド・エディションからの1枚。
たまに無性に聞きたくなるのが、スラヴィツキー「モラヴィアン・ダンス・ファンタジー」。

スラヴィツキーは1910年生まれで、スークなどに学び、ヤナーチェクに影響を受けている。民族色の強い作品を手がける。

最近、バボラクが無伴奏ホルンの曲を録音し、今年のコンクールの課題になっているから、名前くらいは知られているかもしれない。

自身がビオラを弾いたことからか、無伴奏ビオラの曲も書いているが・・・あまり知られて無いだろうな。

この曲は、1951年に書かれている。
オケではこのアンチェル以外の録音は無いだろけど、1&4楽章は編曲され軍楽隊が録音している。
チェコでは割と演奏される機会も多い。
なんせ今も現役で売り譜面がある。こういう曲は演奏されても、譜面はどこかのオケが管理してたり、初演の時のまま使いまわされることが多いのに。

とにかく強烈なリズムと、一度聞いたら病み付きになるような民族色の濃い旋律が特徴。
それでいてどこかほのぼのとしたモラヴィアの香りがする。
この泥臭さが面白くてたまらないと思っているのは、僕くらいだろうか?

ちなみにタイトルで検索したけど、この曲に触れているページは無いに等しい。3流の曲などと書いてあるところもあったが・・・確かにB級なんだけどね。

一緒に同じくスラヴィツキーのラプソディック・ヴァリエーションが入っているが、泥臭くも叙情的な音楽である。

さらにノヴァークの名作「タトラ山にて」も聞ける。

こんなマニアックな曲を、アンチェル指揮チェコフィルが本気で演奏しているのだから、最高である。
ステレオ録音でないのが、残念で仕方ない。
posted by CZ-Pivo at 21:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。