2009年03月11日

スクロヴァチェフスキ

日曜は、スクロヴァチェフスキの読響を聞いてきた。

ブラームス ハイドンの主題による変奏曲
モーツァルト ピアノ協奏曲第27番
 ピアノ:アンヌ・ケフェレック
 アンコール:スカルラッティ ソナタ
ブルックナー 交響曲第1番

ブラームスでこんなに美しい演奏が聞けると思っていなかった。
冒頭の木管の美しいピアニッシモ。
こういう音はなかなか日本のオケでは聞けないよな。
続いてピアコンは、最小限までオケを小さくした。
ケフェレックは初めて聞いたけど、美しかった。アンコールも良かった。
やはり圧巻は、ブルックナー。
今の読響は、本当に絶好調だ。
弦楽器のアンサンブルは、都内で一番だと思う。
管楽器も充実している。
放送局と比較しちゃいかんけど・・・残念だよね。
長谷川さんのツヤツヤのトランペットと山岸さんの音。
この2人が吹くと、より輝きを増す。
本当に行って良かった。

夜は、久しぶりにトランペットの練習。
1年ぶりにトランペットの本番がある。
ロッシーニ「どろぼうかささぎ」序曲
チャイコフスキー「白鳥の湖」組曲
ベートーベン 交響曲第6番「田園」

どれも初めてやる曲だから、とても楽しみだ。
posted by CZ-Pivo at 20:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

海老原光さんの演奏会

久しぶりの更新です。

昨日は、指揮者の海老原光さんの演奏会に行ってきました。
ギリギリまで行けるのか?と思っていたが、会社を出てホールに行くまでは良かった。

売り切れ

驚いた。
確かに安いし・・・

しゃあないから帰ろうかと思ったところに友人登場。
招待券からなんとか手配してくれた。
ギリギリに滑り込んで、聞くことができた。

ベートーベン「皇帝」と「英雄」という指揮者としては、直球勝負もの。

いつからか指揮棒を使わない?のか。

関係なくマエストロは、都響と真剣勝負を繰り広げてくれた。
良い演奏会だった。
これは聞かないと、あとで酷い目に遭うところだった。

客席には、久しぶりに会う人達が多数。
他所のオケの関係者もチラホラ。
ってかつて一緒に仕事をしていた仲間である。

今日は、昼間の天気が良かった。
洗濯と掃除して、有意義な土曜日。

このところ土曜日というと半分を二日酔いで寝ていることが多かったからね。

明日は、スクロヴァチェフスキ指揮読響を聞きに行こうと思っている。
posted by CZ-Pivo at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。