2008年07月30日

ウラディミール・カフェルニコフ

ウラディミール・カフェルニコフは、かつてレニングラードフィルハーモニーのソロトランペットであった。
同僚でファゴットのクラサービンと一緒にフランスへ亡命し、ボルドーのオケに入った。

カフェルニコフといえば、ムラヴィンスキーのタコ8の映像で、3楽章のあのソロを抜きでアップで映される。
指揮者以外にアップ映像なんてほとんど無いのに・・・チャイ5のブヤノフスキーでさえもアップにならない。

先に書いたように、ボルドーへ行ったのは知っていた。
いやはや、カフェルニコフはまだまだ活躍中。

http://www.opera-bordeaux.com/index.php?id=23

もう60歳は過ぎているだろうになぁ

カフェルニコフがメロディアに録音した、オルガン伴奏のバッハの録音は、お宝レコードだ。
posted by CZ-Pivo at 22:28| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レディース水着 激安
Posted by ラルフローレン デニム at 2013年07月31日 14:08
メンズ水着 水陸両用
Posted by ralph lauren ny at 2013年07月31日 14:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。