2008年10月01日

セビリャの理髪師

先日、招待券をもらってみてきた。

プラハ室内歌劇場と銘打った人達。

チェコフィルやプラハ国立歌劇場メンバーによるといううたい文句があったものの、結論から言うとそんな人はオケに居ませんでした。

もっというと誰も知っている人がいなかった。
なんてそこまで知り合いが居る訳ではないけどね。

でも楽しかった。
小編成で序曲は辛いものがあった。
それでも徐々にエンジンが掛かっていく。

オタヴァの演出は、シンプルで判りやすい。お金かけないけど、楽しければ良いでしょ!と言わんばかりである。
これはオペラの基本だと思う。

歌手はスターがいないのが良かった。
そのかわりにアンサンブルが充実していた。
小編成で、まとまりよくオペラを楽しませるには、こんなやり方も良いのだろうと改めて思う次第。
そして誰も気負う事無く、音楽する事を楽しんでいる。
バジリオに習う歌が、いきなり日本語で「かえるの歌」だったり、アンブロージオが、客席で水まきという客いじりをしたり。
2幕冒頭で、バルトロだかがレチタティーボでイタリア語の歌詞を忘れたのか、チェコ語で歌っているように聞こえたのは気のせいか?
「ドブジェ」
って聞こえたのだが、空耳ではないだろう。
なんせイタリア語より、チェコ語のほうが判るので・・・・

彼らの演奏を見ていると、音楽ってやっぱり楽しいのだということを改めて思わせてくれる。
ウィーンやベルリンの有名歌手が出るオペラは観客の期待値、演者の力の入れ方が半端でない。それはそれで素晴らしいのだが、それよりも日常的な音楽の親しみやすさを感じさせてくれる彼らのほうが、共感を持って楽しむ事ができる。

東京公演も終わるころに見たのが残念だが、次回の来日はもっとちゃんと見に行きたいところである。
posted by CZ-Pivo at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107436146

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。