2008年10月25日

テンション上がる

昨日は、オケの打ち合わせと称して飲み会。
ちゃんと打ち合わせもしまっした。

こんなアフォな企画であるが、楽しんでくれている人がいるのは嬉しい限りです。
テンション上がりすぎて、何故か高幡不動で1人で飲みなおし。
2時くらいには帰ったけどね。

今日は・・・・
取り合えず、旅行の準備。
12月29日にウィーン・トーンキュストラーがジルベスターコンサートと称するコンサートがあるので、ムジークフェラインザールのホームページでチケットを予約。
席を選んで、クレジットカード決済するだけ。
当日、予約メールをチケット売り場に持って行き、チケットと引き換えるだけ。なんとも簡単である。
シュトラウス親子のワルツ、ポルカ、レハール、オペラアリアとお気軽コンサートであるが、いつも立ち見オペラばかりなので、たまには座ってコンサートを聞くのも悪くない。
ウィーンで「ドナウ」とかって聞いてみたいってのもある。
なんせ前日は「神々の黄昏」を立ち見する予定なので、どうせ疲れているだろうし。

などとあーだこーだやっていて、チェコフィルのホームページを見たら、12月31日のプログラムが発表になり、驚いた。
ヴェルディ「運命の力」序曲
ヴェルディのオペラアリアを数曲
「アイーダ」凱旋行進曲(←アイーダトランペットのバンダがあるのかないのか????)
オルフ「カルミナ・ブラーナ」

指揮はマンフレッド・ホーネック。
席は、ちゃんと1階のど真ん中付近を確保している。
ドヴォルジャークホールに鳴り響くを音を想像するだけで、テンション上がる。
凄まじく炸裂しまくること間違いなし。
しかも最強を誇るプラハフィルハーモニー合唱団。
そしてキューン先生の児童合唱。
ソリストはイヴァン・クスニエルほか巨匠が揃う。

そしてどれも日本では絶対に聞けないプログラム。もちろん僕自身、チェコフィルの演奏では全てが初めて聞く曲である。
また楽しみが増えた訳である。

昨日、買ってきたCDがまた素晴らしい。
ビエロフラーベク指揮BBC響のプロムスライブ。
ウォルトン、エルガー、ブリテンとこの人はなにをやっても美しい。
特に、最近の録音はどれも素晴らしい。
たまにはチェコフィルで聞いてみたいところである。
posted by CZ-Pivo at 18:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。