2008年11月08日

ケイマルさん退団

チェコフィルのミロスラフ・ケイマルさんがついに、10月31日を持ってチェコフィルを退団。
1970年5月1日に入団し、1972年9月1日から2001年6月30日まで首席トランペット。
その後は3番トランペットとして活躍する。
在籍期間38年4ヶ月

おそるべし。

そして多少の衰えはあるものの、今もソリストとして、音楽院の教授として幅広く活躍。

ティルシャルさんが去り(亡くなり)、ケイマルさんが去り、チェコフィルの黄金時代を支えた人達がいなくなるのは、寂しいものだ。

オールドスタイルの人は少なくなれど、今も伝統的な音がする。
それが新たなる伝統となる。

ケイマルさんの後任は、ラディスラフ・コズデルカ。
ホームページによるとコズデルカの入団に伴いトランペットセクションの席順も変わった模様。
ハリーシュが第1ソロ。
コズデルカが第2ソロ。
シェディビー兄は3番になったようだ。

新たな時代が築かれていくのである。
posted by CZ-Pivo at 18:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。