2008年11月10日

デニス・マツーエフ

先週のテンション上がりまくりの疲労から、脱出できていない。
肩凝り、背中の痛み、睡眠不足。
1ヶ月くらいゆっくり休みたいところだが・・・・
こんなに疲れが溜まっているのは、何時以来だろうか。

昨日、ホルン吹きの友達と偶然に会った。
ブダペストに住みオケ活動をしていたが、2年くらい前に帰国したという。
5年位前にブダペストに行ったときに会って以来である。
タワレコで30分以上立ち話をしてしまった。

そんなタワレコでお買い物。
先日、チャイコのピアコンで俺の心を鷲掴みしてくれたデニス・マツーエフ。
カーネギーホールでのライブ録音が発売されたから、買ってみた。
シューマン「子供の情景」
リストのソナタ
プロコのソナタ7番
アンコールには、日本でもやった「山の魔王の宮殿」も収録。

なんだかホロヴィッツも同じようなプログラムでリサイタルをやりそうであるが・・・・もちろん同じロシアピアニズムを継承しているから当然と言えば当然である。
マツーエフのロマンティックかつ豪快な演奏は、録音で聞いても素晴らしい。

ロシアのピアノは好き。
ホロヴィッツもそうだし、ギレリス、ヴェデルニコフ、リヒテルなど。
チェコだとやっぱりパネンカ。
古くはフランティシェク・マキシアンも素晴らしい。

最近、ピアノ、室内楽などが好き。
大きい音や大編成は、どうも疲れる。
もちろん実演は楽しいけどね。
家では静かに聞きたい。
posted by CZ-Pivo at 22:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109404337

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。