2007年07月26日

コダーイ・ゾルタン

dartikodaly.jpgドラティのコダーイ管弦楽作品全集が発売になった。
言わずと知れた名盤のはずなのに全集はいつの間にか消えていたが、3枚組で¥3000という財布に優しい価格で復活。
ちゅうことで早速お買い上げ。

しかし「ハーリ・ヤーノシュ」、ガランタ舞曲、マローシェク舞曲、「孔雀」くらいしか知らないのである。
他の曲は存在を知っているけど・・・くらいね。

こういう民族色満点の曲はとても好き。
いつもはとてもまったりのんびりしているこの私でも血が騒ぐのである。「ハーリ・ヤーノシュ」やガランタ舞曲のホルンソロなんてとっても素敵だ。

最近思うこと@
ここで「マルティヌー」って書かないで「マルチヌー」と書いているけど、ケイマルさんやらの発音を聞くとどうも「マルティヌー」が近いのではと。
ドヴォルジャークは、日本語で発音できないからどうでも良いのだけどね。でもどう聞いても「ドボルザーク」ではありません。
どうでも良いけどウィーン発プラハ行きの特急列車に「ドヴォルジャーク」号がある。乗っているだけでとても嬉しい。

最近思うことA
ハンガリーの音楽家は優秀であること。
ハンガリー出身の指揮者って物凄く多い。
ショルティ
ドラティ
セル
ライナー
オーマンディ
フリッチャイ
フィッシャー兄弟
フレンチェク
コヴァーチュ
ケルテス
などなど
更にベルリンフィルのソロトランペット2人共にハンガリー出身。

すべてはコダーイのお陰。
「ヴィチニア・フンガリカ」
ってのはコダーイの考案した音楽教育法で「コダーイ・システム」と呼ばれる。
音感とリズムがとても判りやすく勉強できるのである。このシステムに乗っ取り全ての楽器の勉強もできる。恐るべし。
最近、日本でも取り入れている人がいるみたいですね。

やはりコダーイは偉大である。
posted by CZ-Pivo at 23:32| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日の1枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
君の世代が最後になるのかもしらんけど、
日本人でイニシャルひっくり返すのやめようなw

kaitakaya@nifty.com より(^^)v

Posted by かい at 2007年07月27日 01:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。