2007年11月25日

チェコフィル@みなとみらい

今日は、みなとみらいのチェコフィル。

横浜は遠い・・・・
どう行っても面倒。
と言っても1時間半も掛からないけどね。

友達が行けなくなってしまいチケット処分という任務もあった。
チケットは売り切れで、何も苦労なく売り手が見つかった。良かった。

さてと思ったら、マウスピース職人の亀山さんが来ていた。
お久しぶりですということで、開演までロビーでいろいろお話をさせていただいた。

さて本日は、モルダウ、ドヴォ8、展覧会の絵。
ドヴォ8は今度やるのでじっくり勉強しないといけません。なんせ今日の練習に行かないで聞きに来ているのですから。
モルダウはつい木曜に聞いたけど、乗り番が若干違うのは彼らの流儀。何も珍しいことではない。
それにしても月の光のトロンボーンとテューバの美しい事!!
これこそ伝統の「音」ではないかと。
続くドヴォ8。録音ではティルシャルと今回来ていないケイマル御大が吹いているけど・・・
ラッパはシェディビー兄とトンダー。なかなか頑張っていた。3階席の奥だったけど、存分に聞こえてくる。
マーツァルの音楽は、これまたいつものように長いスパンで聞かせてくれる。じっくり腰の据わった美しい音だ。
ホルンは伝統的な変更をやはりしていた。あれは僕も同じ事をやりたいけど、許していただけるのだろうか?

後半は「展覧会の絵」。
ハリーシュのトランペットソロから始まる。
それにしてもハリーシュの音は大きくなったというか、通る音になったというか、ビンビン聞こえる。3番ラッパに見慣れないエキストラがいる(大した仕事ではないけどね)。
怪しい楽器でのビドロソロも格好よかった。
マーツァルのスタイルは、展覧会の絵でも変わらない。個々のエピソードよりも大きな流れを大切にする。これが決して個々を疎かにしているという意味ではなく、個々の積み重ねていく中での大きな流れがある。
とても素晴らしい。

アンコールはいつもの如くスラブ舞曲で、横綱チェコフィルを堪能。

終演後は、楽屋口で亀山さんとチェコフィルトランペットセクションと楽しいひと時。
今回エキストラで登場したヨゼフ・サディーレクは、国立歌劇場のトランペット奏者。
現れるなり「コンニチワ」と日本語だ。
このオケには、怪しい日本語を操る人が他にいるが、ここにも居た。どうやらアカデミー時代に、周りの日本人から教えてもらったそうだ。
片言とは言え俺のチェコ語よりも立派だ。
本当に愉快な人達だ。

ということで、とても楽しい日曜だった。
でも途中、タワレコでヘンデル「ジュリアス・シーザー」を買った。何故ならヘルマン・バウマンが吹いているっていうからだ。
でもほとんど出番は無い・・・・しかも4時間を越える曲。
さてどないするのだろうかね。

それで何かご飯でも食べて帰ろうかと思っていたが、特に中華を食べたい訳で無いから、撤収してただいま家でビール飲んで明日に備えるとするかな。
posted by CZ-Pivo at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。