2007年11月27日

チェコフィル@サントリーホールその1

さて今日は、チェコフィルのマラ3である。

ラッパの出番を含めてどうなることやらと思っていた。
良くも悪くもチェコフィルであることを思い知らされる。
冒頭のホルンで、今日はどこまで期待してよいのか?などと思いつつ・・・その後のラッパソロで幻滅。
シェディビーはやっぱりただの良い人だ。
でもその後、tuttiでトンダーが入ってきた瞬間に知っている「チェコフィルの音」になる。
やっぱりトンダーが最強だ。
ホルンのブラベッツはたまにポロポロやっていたけど、常に音楽に向かい攻める姿勢が素晴らしい。以前よりも音が柔らかくなって、伸びるようになってきたと思う。正直、指揮者なんかならない方が良いと思う。
トロンボーンソロも良かったなぁ

さて問題の3楽章。
ヤルダーが抜群の安定感で聞かせてくれた。もちろん師匠にならってフリューゲルホルン←終演後、トンダーが「スゴイデス」って言ってた。
同感だ。
いつもシャイなヤルダーもこの時はとても清清しい笑顔だった。

6楽章の弦楽器は、チェコフィルでしか出ない「音」。
このために良い席にして良かった。
問題のラッパとトロンボーンのコラール。
D管使おうが、何しようが自由だけど、その音程とごまかし方はありえんだろと。
もっと攻めて欲しかった。
他のラッパ3人は、最後まで全力で吹きまくっているのに・・・あれならたまに遅れて、アンサンブルを乱すこともあるケイマルの方がよい。
プラハには優秀なラッパはいくらでもいるのにな。

名物奏者が少なくなってきているけど、それでもチェコフィルの音がする。やはり素晴らしい伝統が受け継がれていくである。

マーツァルのマーラーは当たり前だけど、ボヘミアスタイル。
存分に旋律を歌わせ、音楽が横に流れる。
やはりチェコフィルのマーラーは別格である。
去年、マーラーが3番をイメージした場所に行ったことも大きく影響している。
音楽は、楽譜だけでない何かを得るためにヨーロッパに行くのだよな。

今回は、ラッパのエキストラでヨゼフ・セディーレクさんと友達になれたから良かった。年末年始にプラハに行くと話すと、名刺をくれて「もしオペラを見たければチケットを用意するよ」と言ってくれた。
ラッパとホルンをやると言ったら笑っていた。
そりゃそうだ。
そんな人は、世界中探してもそんなに居ないでしょうよ。

そんなこんなで、48回目のチェコフィルでした。
さて今日が最後だ。
ドヴォコン、新世界。
ドヴォコンは今度やるので、これまた勉強してこないと。
2番トランペットは誰だろう?
posted by CZ-Pivo at 16:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69651709

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。