2007年11月30日

デビュー戦

トランペット・デビュー戦を明日に控え、計量(明らかに体重オーバで不戦敗)、そして焼酎ボトルを一気飲みしながら対戦相手を挑発しながらの記者会見などという下らないことを一切行うことがないのが、オーケストラである。

個々人が勝手に自分の都合で調整し、適当にその場に集まる。

でも本番だけは、自分に与えられた仕事を完璧にこなす。それがオーケストラ。
自分の仕事をこなせないと、プロだとクビ又は降格など厳しい試練が待ち受けるが、アマチュアだと打ち上げでの嫌と言うほどビールを飲ませまくられるという、厳しい試練が待ち受ける。
この試練に勝ってこそ、真の金管楽器奏者である(んなこたぁない)。

それでも人生の半分以上を金管楽器奏者として生きてきたこの私も、明日は特別である。
なんせ新たな楽器:トランペットでのデビュー戦であるからだ。
たぶんマラ5のソロホルンを吹くよりかは、緊張しないだろうけど。
むしろ気楽に、早々に帰宅し酒を飲んでリラックスタイムを楽しんでいるのだ。

もし明日の夕方、行くところがなく、さらに家に居場所がない人で、さらにこんなアホな俺のトランペットを聞いて見ようなんて奇特な人がいたら、午後7時に狛江エコルマに来て欲しい。
そんな君と狛江エコルマで僕と握手だ←希望者は全員。

こいつは一体どこまでアホなんだと呆れた人は、今さらいないと思います。

明日は、頑張ってトランペットを吹きます。とても楽しみです。
一緒に演奏してくれる全ての方に、感謝いたします。
posted by CZ-Pivo at 22:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。