2007年12月08日

マルチヌー

昨日は、またも久しぶりにN響を聞いてきた。
アラン・ギルバート指揮でマルチヌー交響曲第4番をやるからにほかならない。
ギルバートはマゼールの後任としてニューヨークフィルのシェフになる指揮者であるものの、初めて聞く。

まぁ元気が良い。「コリオラン」から元気満点の指揮振り。
ピアコンは・・・・お疲れ気味のため爆睡。3楽章で目覚めたが、ソリストともども元気一杯の演奏だった。
さてマルチヌーである。演奏されることが珍しい曲であるが、去年、ビエロフラーベクが大フィル、以前にトゥルノフスキーが群馬響で取り上げている。
個人的には、とても好きな曲なのであるが、演奏会で聞くのは初めてであるので楽しみにしていた。
まぁ結果としてなかなかの演奏であった。
ギルバートは交通整理をきちんとしているし、独特の響きを出す事に成功したと思う。それでもマルチヌー得意のシンコペーションが、埋もれてしまっていたように思えた。金管のコラールなんぞもっと美しく無いと・・・
でもともて難しい曲だからしゃあないよな。

しかしこのところチェコフィルとか聞いていたから、オケの持っている「音」が気になる。ストレートにいうと美しくない。
香り高きマルチヌーの音が出てこない。
これもチェコフィルじゃないから、しゃあないな。

それにしても会場は、優勝が決まった後の消化試合のような客入りの少なさ。
この曲では来ないよな。でもやってくれたN響に拍手。

その後がいけません。
新宿で、今度チェコへ一緒に行く友達が飲んでいるというから、最終的な行程表を渡すために、向かった。
席に着くなりいきなり、頼んでいないのに大ジョッキが俺の前に出てくる。
まもなく健康診断だから酒は控えているのに・・・・
その後、結局朝までカラオケで遊んでしまった。
まぁそんなに飲んでいないけどね。
「千の風」を大熱唱、チェコ民謡「おおまきばはみどり」をチェコ語風に歌ってみたり・・・我ながらアフォである。
でも途中で眠くなり、寝ていた。

朝帰りして、昼まで寝ていた。
でも明日から、ホルンが復活するので、気合を入れて練習。

さて久しぶりのドヴォルジャークなので存分に楽しみたいな。
posted by CZ-Pivo at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。