2008年01月08日

ただいまぁぁ

11日間の旅行を終えて日曜に帰国しました。

12月27日
少し早めに起きて、支度して成田空港へ向かう。
航空券は前日既にチェックインしたので、お構いない。しかし平日の山手線にはあまり乗りたくないので、混雑回避で早く出たのである。
京王線もあまり混んでいなかった。
日暮里で蕎麦を食べて(年越し前ソバ)、スカイライナーで成田空港へ。着いて荷物を預けて一気に暇になる。
でも両替して、必要なものを買っていたらあっという間に時間が過ぎる。多少時間があったので空港でさっそくビールを飲む。この先、後何杯のビールを飲むのか判らないのに・・・
定刻で成田を出発して、一路アムステルダムへ。アムステルダムへは約12時間。男3人の11日間の旅のスタートである。まずは機内サービスのハイネケンを飲む。ワインにコニャックと飲んで、機内で爆睡。あっという間にシベリア上空を通過。
定刻でアムステルダムに到着。
乗り換えまで約5時間。
本当は2時間待ちくらいだったのに、8月に飛行機を予約したとたんに予定の飛行機がキャンセルになり、待ちが長くなってしまった。
アムステルダムで生ハイネケンを堪能するつもりが、3人共にかなり疲れていて結局飲んだのは1杯だけだった。
それでもアムステルダムからベルリンへ向かう飛行に乗り込み小1時間でベルリン到着。
空港から、動物園駅へバスで向かい、地下鉄に乗り換えホテルへ。
なかなか小奇麗な良いホテルだ。
さっそく疲れきっているにも関わらずビールで到着祝いをするがすぐに寝る。

12月28日 曇り 寒い
冬のヨーロッパは夜が長い。昼間は9時から4時とやる気の無い公○員より営業時間が短い。
ホテルを出て、ベルリンフィルハーモニーを見物。街中は暗いし、寒いので人は少ない。
その後2階建てバスに乗ってみる。ウンター・デン・リンデンで降りて散策し、ベルリンドームを見学。中ではオルガンの練習をしていた。これが圧倒的に荘厳で素晴らしい響きであった。
ヨーロッパで素晴らしいのはこの教会のオルガンの響きに身を浸す事である。教会の塔に登るなどして2時間くらい満喫。
そして近くにある東ドイツ博物館を見る。これもなかなかだった。
そしてブランデンブルグ門を通過し、ベルリンの壁を見物する。
今も1キロ以上残されているが、アートというか落書がある。川沿いに散歩して、一端ホテルに帰り昼寝。
7時くらいにホテルを出て、ベルリン国立歌劇場へ向かう。
初めて行くが、とても美しい劇場だ。日本で予約してプッチーニ「蝶々夫人」を見る。レパートリー公演ではあるが、レベルの高さを感じる。ラッパがいかにもドイツであったが・・・ホルンはなかなか素晴らしかった。歌手は皆、とてもレベルが高い。
同行したKは初めてオペラを見たそうだが、とても感激していた。
そしてホテルに帰り、やはりビールとシャンパンで乾杯。

12月29日 曇り さむい
本日は、ベルリン郊外のポツダムへ向かう。
動物園駅から電車で約30分。あっという間である。
ポツダム中央駅に降り立つも、全く判らん。取り合えず市内一日乗車券を買って、第2次世界大戦のポツダム宣言を採択した場所へ向かう。トラムとバスを乗り継いで約20分くらいかな。
広い公園のど真ん中にあるものの、団体様以外は見学できなかった。
ここはフリードリヒ2世の邸宅でもあったので、お土産物屋ではフリードリヒ2世作曲したフルートの曲のCDなんてあったが・・・
それにしても湖の近くなので寒くて死にそうである。
ここからサンスーシー宮殿へ向かう。バスでも行けるのだが、あえて徒歩で向かう。30分ほど男3人でアホな話で盛り上がる。
サンスーシー宮殿は広くとても美しい宮殿であった。
フラフラと散策するもとても寒い。しかも帰りの電車を駅で30分ほど待つことになりこれが大変だった・・・
ベルリン動物園駅に戻り、駅構内でベルリン名物カレーブルスト(カレー風味ソースをかけたソーセージ)を食べる。とても美味しかった。
1度ホテルに帰り昼寝し、今度はコーミシェオーパーへ向かう。
本日は「魔笛」である。指揮は日本でもお馴染みのキンボー・イシイ・エトー。
金管はすべてナチュラルを使用し古楽アプローチ。
関係なく楽しめる舞台だった。モーツァルトの音楽の美しさを圧倒的に堪能した。
「夜の女王」もちゃんと歌っていたし、3人の牧童もちゃんと子供3人で歌っていたのが素敵。
ザラストロが車椅子で出てきたのには笑ったが・・・台詞のドイツ語をきちんと理解できたらもっと面白かったのだろう。周りはみな大爆笑していた。俺ら3人はポカーンとしていた。
ちょっと残念な感じではあるが、ホテルに帰ってやっぱりビールで乾杯。
posted by CZ-Pivo at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77283516

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。