2008年01月14日

「我が祖国」

昨日は、イルジー・コウト指揮プラハ響で「我が祖国」を聞いてきた。
プラハにいながらすぐそこで演奏しているにも関わらず、聞けなかった悔しさもあったが・・・・

期待以上に素晴らしい演奏だった。木管は倍管にせず前後半を入れ替えていた。
ラッパはもちろん4人。ホルンは6人だった。
それにしてもホルン6人中3人が女性である。いつだかティルシャルさんが「女性の学生はとても優秀だ」と言っていたけど、本当にそうなんだろうな。ソロホルンのラングヴァイル以下とても素晴らしい演奏だった。
後半のオーボエは、夫婦ともどもチェコフィルに入ってしまったけど、子育てするために古巣にもどったリベナ・セクアルトヴァが圧倒的な存在感を示してくれた。チェコフィルのヤナといいとても素晴らしいオーボエだ。
ラッパは、ヤン・フィッシャーほかが強力に吹きまくる。やりすぎてたまに外すのはご愛嬌かなと。トロンボーンのイルジー・ノヴォトニーも相変わらず素晴らしい。

イルジー・コウトはとてもお茶目な一面を見せつつも、思い入れのこもった強力な演奏を聞かせてくれた。
技術的には去年のチェコフィルよりは劣るものの、終わってからの感動の深さは、こちらのほうが上だったと思う。
もちろんついこの前、プラハに行き、ヴルタヴァで命の洗濯をしたからというのもあるだろうけどね。
日本ではどうしても「新世界」ばかりやって食傷気味だったということもあっただろうね。

昨日は、練習だったけど、練習なんて行っている場合ではない。こんな素晴らしい演奏は一期一会なのだから(オケのみなさん、ごめんなさい)。
でもちゃんと練習後の集いには参加。
練習してないのに、酒飲むなんて極悪人ではあるが・・・・

今日は完全にお疲れ休み。
明日から、また頑張ろう。
posted by CZ-Pivo at 18:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。