2008年03月01日

素晴らしいトランペット

駄目な次は、やはり素晴らしいものが聞きたくなる。

オーマンディ指揮フィラデルフィア管の「カルメン」組曲。
「トレアドール」や「ジプシーの踊り」などで素晴らしいトランペットのソロは、もちろん我らのフランク・カデラベックが吹いている。
美しいサウンド。
豪快の極み。
なんと素晴らしい音楽なのだとうと惚れ惚れしてしまう。

同じくオーマンディの「くるみ割り人形」抜粋。
こちらはギルバート・ジョンソンが良い仕事をしている。
ジョンソンは、口を壊してしまい1974〜1975年シーズンを最後にオーケストラを去ることになるのだが、その後に座ったのが45歳のカデラベック。
最初の録音は、プロコフィエフ交響曲第5番。
この曲の最上の録音の1つだ。

カデラベックは、その後20年間、オケの顔として素晴らしい演奏を聞かせてくれた。
個人的なお気に入りは、ムーティとの「展覧会の絵」。
これは「展覧会」はかくあるべきというお手本のような素晴らしさ。
オーマンディともDVDでその素晴らしい演奏を聞かせてくれる。

あの時代のアメリカには、まだまだ面白い人がたくさんいました。
シカゴのハーセスは言うに及ばず、ニューヨークのヴァッキアーノ、ボストンのギターラなどなど・・・
良い時代だったなどと言いたくはないけど、そうだったのだと思う。
posted by CZ-Pivo at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87885204

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。