2008年03月29日

ドヴォルジャーク三昧

この前ドヴォ8が終わったばかりであるが、次はラッパでドヴォルジャークばかりをやる。

指揮者は違うし、オケも違うということをすっかり身体が忘れていた・・・

初めてドヴォルジャーク序曲「我が家」を吹いた。今回は、これだけ1番ラッパを吹くのだが、スコアがないし不勉強ゆえに落ちたり・・・
でも最後のチェコ国歌を吹き上げるところだけ炸裂してみた。
我ながらとても単純なラッパ吹きである。

それにしてもチェコ国家を変奏しただけのこの曲は、とても美しい。
もともとフランティシェク・シュクロープの劇音楽の中にある「我が家は何処」という曲である。
それが国歌として制定されたされたのだ。

昨年の大晦日、プラハで国歌をゴスペラーズみたいな人達がアカペラで歌うのが、とても感動的だった。
あの時ばかりは、大騒ぎのヴァーツラフ広場が静まり返り聞き入っていた。
そしてカウントダウンで新年を迎える。
この歴史の深さと、重さに大いに感銘を受けたのである。
彼らは今も悠久の歴史の中で生きている。それが伝統であり、それが彼らの生活スタイルである。

とある本を読んでいて「わが国のクラシック演奏の中で屈指の演奏であった」など書いてあった。

プラハに行ったら、そんな下りはありえないだろうな。
なんせ有史来、数え切れないマエストロが演奏を繰り広げているのだから。
ドヴォルジャーク博物館の近くにはチャイコフスキーホテル。
チャイコフスキーと所縁があるのかどうか知らないけど、チャイコフスキーはプラハを何度か訪問し、ドヴォルジャークとも親交を深めている。

まぁそんなこんなで、愛して止まないドヴォルジャークを演奏できることはこの上ない喜びなので、堪能したい。
posted by CZ-Pivo at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。