2008年04月12日

来シーズンのチェコフィル

チェコフィルから何もこちらからアクションをしていないのに、プログラム冊子が送られてきた。
とても嬉しい。

常任指揮者不在ではあるものの、マンフレッド・ホーネックが首席客演指揮者として活躍するシーズンの始まりであり、インバルを待ち受ける時でもある。
ホーネックはシーズンのオープニングをマーラー「復活」で登場。
もちろん今年で初演100年のマーラー交響曲第7番もあるが、こちらはビエロフラーベク。
エッシェンバッハが久しぶりに登場し、マーラー交響曲第3番を取り上げる。
ジルベスターはホーネックだけど曲目未定。
何をやるか未定だけど、行くしか無いですね。とても楽しみだ。

ホーネックはドイツツアーなどもやります。
マーツァルの登場回数は減るけど、それなりに登場。
ブロムシュテットは、ドヴォ8とブラ1という黄金プログラムで登場。これは聞いてみたいけど・・・・

インバルは2回登場。
スクリャービン交響曲第1番、ドヴォ5&タコ5というなんとも凝ったプログラム。
とても面白そうだ。
他にもアルブレヒト、レナルトなんていう常連が登場。
来年の「プラハの春」の「我が祖国」はネーメ・ヤルヴィ。プラハ響に引き続き2度目のオープニング登場。外国人指揮者としてはとても珍しいのでは?

そしてこちらも久しぶりに大野さんが登場する。メシアンとラヴェルという凝ったプログラムだ。お客はいるか心配だけど・・・

11月にはスワロフスキーで韓国ツアーがある。
近いから行ってみたいけど・・・・ありえんな。

メンバーの大きな移動はないけど、我らのお父さん:ミロスラフ・ケイマルの名前がまだある。
いつ辞めるのだろう・・・死ぬまでいる気なのか?
オーディションしても誰も入らないらしいけど・・・後釜はどうしても比較されるから、受けたく無いよね。

ということでこんな冊子が送られてくると、何時間でも眺めていられます。
posted by CZ-Pivo at 21:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93134670

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。